【京大志望者向け】京大模試で受けるべきはこの2つだけ!!<京大実戦模試と京大オープン>

京大生ガイです

今回は京大志望者が受けるべき模試について書きます

各予備校が独自模試を開催してますが、受ける価値があるのは2つだけです

 

 

受験必須の2つの模試

京大の冠模試は大きいところでは駿台、河合、東進、代ゼミの4つがあり、小さい予備校の模試を含めるともっと多くの模試が開催されてます

こんな多くの模試を1年間の間に受けると大事な勉強時間をゴッソリ持っていかれます

そこで受ける模試を絞る必要があるわけです

受けるべき模試はズバリ駿台の京大実戦模試河合の京大オープンです

理由は問題の質が他の模試より段違いに高く、受験者のレベルも本番の京大入試と類似しているからです

この2つの模試は問題の毛色が異なるので両方受けることを推奨します

各模試の特徴や傾向は次の項目を参照してみて下さい

【駿台】京大実戦模試の特徴と傾向

やや簡単

京大実戦は本番の京大入試よりやや簡単な問題設定になっています

年や科目によって難易度のバラツキはあれど全体としてはやや簡単に設定されてます

つまり、これだけを受けると実力以上に手応えを感じてしまう危険があるので京大オープンも受けることを推奨します

駿台生に有利

京大実戦の問題は駿台で普段扱う問題に近いものが出る傾向にあります

同じ駿台の先生が作るので仕方ないことです

そんな感じで駿台カラーが出ているので、一般的な解法で挑むと苦戦する問題でも、駿台の授業で教えた解き方だとスパッと解けたりすることがあったりします

正統派の問題多め

京大実戦では、ひらめきや発想が必要というよりは正統派の問題をゴリゴリ解く力が必要といえます

本番の京大入試では1つの問題でも複数の解き方で解ける場合が多く、正統派の解き方でも発想力で鮮やかに解く方法でも解ければ点数がもらえます

もちろん模試も解法は何であれ合っていればマルが来ます

しかし、どうしても模試の問題は色んな角度から解ける問題が少なくなりがちです

実戦も例外ではなくオーソドックスな解法で解くしかない問題が多い傾向にあります

【河合】京大オープンの特徴と傾向

難問ぞろい

京大オープンの問題はどの科目もめちゃくちゃ難しいです

科目によっては一問も解けずに終わる可能性も十分あります

「そんな模試受けて意味があるのか?」と思った人、意味ありますよ!

河合の問題はあまりにも難しいですが、本番でも科目によっては難化してペンが進まないことは十分考えられます

そういうピンチの状況で何とか部分点を取るために問題に食らいつく訓練をしてほしいわけです

模試ほどの緊迫感を普段の勉強で作ることはできないので、模試の難問にぶつかってこそ鍛えられる力をオープンで身につけましょう

発想力が必要

オープンが実戦と違うのはひらめかないと解けない発想問題も出る点です

僕が現役の時に受けたオープンで化学の問題でいまだによく分かっていない問題があります

それは有機化学の問題だったんですが、解説を読んでも考えが飛躍しすぎていて理解できませんでした

要は発想力がないとなかなか解けない問題だったのです

オープンでは科目を問わず発想力を必要とする問題がちょこちょこ出ます

英語の長文ですら設定を理解していないと全然点が取れなかったりするのでなかなかたちが悪いです

実戦とオープンは両方受けよう

実戦とオープンは上で書いたように毛色が違う問題が出ます

本番の京大入試はその間ぐらいの問題が出ます

難易度的にも実戦より難しくオープンよりも簡単ですし、問題は正攻法でもひらめきでも解けるようになってるのでまあ2つの模試を足して2で割った感じです

なので片方しか受けないと極端な一方の対策しかできなくなるのでぜひとも両方受けましょう

 

夏と秋のどちらも受けよう

実戦、オープンともに夏と秋の2回分模試が開催されてます

これはどちらも受けて下さい

京大型の難問を相手にイメージトレーニングできる機会は冠模試だけなので、めんどくさくても行って下さい

それに夏と秋で模試を受ける意味合いが違います

夏は京大の入試はどんな感じかを知るために行きますが、秋は今までやってきた成果がどれくらい出るかを試すために行きます

両方とも1年間の受験生活のなかで志望校を見つめ直す良い機会なのでぜひとも行って下さい

後々になって行っていて良かったと必ず思うので

 

 

模試は準備して受けるもの

模試を受ける前にはしっかり対策しましょう

模試の度に過去問を演習するのを繰り返すことで強くなっていきます

ありがたいことに京大実戦、京大オープンともに過去問が問題集として購入できます

模試前に最低1年分、余裕のある人は5年~分解いて対策して下さい

他の京大模試はなぜダメか?

ここでなぜ他の模試を推奨しないのかについて触れておきます

まず東進ですが問題の難易度がバラツキすぎていて京大入試の予行演習になりません

加えてマルつけをするのが大学生バイトなのでいい加減で復習しづらいです

僕の大学で同じクラスの子も東進の採点バイトをやっていますが授業中の暇なときに適当にやってます

代ゼミは問題が簡単すぎるのと受験者のレベルが低すぎてまともな相対評価ができないです

模試は予行演習と自分の今の立ち位置を見るために受けるので、その点から代ゼミは不適切だと思いました

 

最後に;模試はあくまでも練習

模試はあくまでも本番で点数を取るための予行演習です

「判定なんてどうでもいい!」とまでは言わないですが、悲観しすぎることもないです

本番で点数がとれれば、もっと言えば合格すれば100点満点です

模試で根を詰めすぎることはないので挑む気持ちで模試を受けてきて下さい!