化学重要問題集の特徴と使い方を京大生が解説!

京大生ガイです

今回は化学の重要問題集の使い方を解説します

重問は多くの高校で推奨される一般的な問題集です

ですが同じ問題集を使っていてもやり込み次第で点数に大きな開きが出ます

僕は重問をやり込めば、東大京大一歩手前のレベルまでいけると思ってるので、この記事は中堅私大から東大京大レベルを目指す人まで読んでほしいです

重要問題集の概要

定価 1001円
出版社 数研出版
発売日 2019/11/1

2020実戦 化学重要問題集 化学基礎・化学

重要問題集の特徴

昔から使い続けられている問題集ということもあり、重要問題集は良いところがたくさんあります。ここでは重要問題集の特徴を紹介します。

圧倒的網羅性

重要問題集は受験頻出問題が網羅されてます

その網羅性は圧倒的で、数学なら青チャート、理科なら重要問題集をやっておけば基本の型は習得できます

1問1問の質が高いので、何度も繰り返すことで入試レベル一歩手前まで到達できます

解説がシンプル

重要問題集の解説は良くも悪くもシンプルです

正攻法の解き方でスパッと解くような解説ですが、人によっては解説が不親切だと感じるかもしれません

解説は取り外して使えるので、答え合わせがしやすくて非常に便利です

重要問題集はこんな人におすすめ

重要問題集をおすすめする人を紹介していくので、購入を検討してる人は参考にしてみてください

難関大志望者

重問の問題は難関大志望者向けの難易度です

基本を理解した人が過去問に挑むための橋渡しとしてやるのが重問です

マーチ、関関同立レベル以上の大学志望者じゃないとオーバーワークになってしまいます

基本を理解し終えた人

重問は基本から過去問への隔たりを埋めるための問題集です

基本を理解してやっと挑める難易度です

重問の問題を丁寧にやっていけば基本から入試レベルまで到達できます

入試の頻出パターンを網羅したい人

重問は入試頻出パターンが網羅されています

これ1冊やれば基本の型が身につきます

重問をやりきれば旧帝国大の過去問でも解けるレベルまで伸びるでしょう

特定分野を強化したい人

重問を全問やってパターンを体に染みこませるのが理想です

ですが、どうしても時間が無いという人は志望校でよく出る分野に絞って集中強化するのもありだと思います

重問は1分野だけでも結構な問題がそろってるので短い時間でやり込めば一気に点数が跳ね上がると思います

重要問題集の使い方

ここからは具体的な使い方の説明に入っていきたいと思います

【スピードコース】特定分野だけ手早く強化したい人向けの使い方

特定の分野だけすぐにマスターしたいという人はこの流れでやるのがおすすめです

①強化したい分野を決める

②選んだ分野の問題をA問題B問題関係なく全部解ききる

③解けなかった問題に赤ペンでチェックを付ける

④赤チェックのついてる問題だけ(解けなかった問題だけ)解き直し、解けた問題は青ペンでマルを付ける

⑤解けなかった問題の解き直しを続け、赤チェックを入れた問題すべてに青マルがついたら終了

このやり方の良いところは、自分の解けない問題を放置しなくなるところです

ニガテにしている分野はつい解けない問題があっても、8割の問題が解けていると安心してしまいがちですが、すべての問題を解けるようになってこそ試験の時に点数を取りこぼさないようになります

【マスターコース】重要問題集を完璧にしたい人向けの使い方

重問をどの分野もみっちりやりたい人はこの流れでやるといいです

①解く分野を決める

②選んだ分野の問題をA問題B問題関係なく全部解ききる

③解けなかった問題に赤ペンでチェックを付ける

④赤チェックのついてる問題だけ(解けなかった問題だけ)解き直し、解けた問題は青ペンでマルを付ける

⑤解けなかった問題の解き直しを続け、赤チェックを入れた問題すべてに青マルがついたらその分野は終了

⑥①から⑤の過程をすべての分野で繰り返す

⑦解いてから時間がたって弱くなってきた分野の青マルがついてる問題だけ復習する

⑤まではさっきと同じで、⑥⑦が新たに加えた部分です

⑦が肝で、とにかくできない問題をつぶしていくのが大切です

できない問題がなくなれば、もう過去問演習まっしぐらです

重要問題集の前後にやるべき問題集

重要問題集に取り組む前と後にやるべき問題集を紹介します

重要問題集の前にやるべき問題集

よく学校で配布されるセミナーを重問の前にやりましょう

もちろん別の化学基礎精講なりリードなり別の問題集を使ってる人はそれでOKです

重問はある程度難易度の高い問題集なので、教科書から重問に来るまでに1つ基本問題集をはさんでおいてください

重要問題集の後にやるべき問題集

重問が終われば過去問が解けるレベルになってるので、過去問演習をしましょう

僕はこの段階で過去問をガンガン解き始めて良いと思いますが、まだ不安な分野がある場合は新演習で問題を選んで解くのもおすすめです

まとめ

化学の重要問題集は中堅私大から旧帝国大学までのレベルを目指す人におすすめの問題集です

重問の問題を徹底的にやり込めばどんな大学の入試問題でも挑戦できるレベルになります

化学の問題集はセミナー、重問、新演習、それに加えて過去問をやれば十分です

重問の購入はこちらから↓